スポンサーリンク

パソコンで作業している時、誰しも一度はマウスポインタ―(カーソル)の矢印キーがどこに表示されているのか分からなくなり、一時的に見失ってしまったというような経験があるのではないでしょうか。

今回こちらの記事では、そうならないための対処法を説明していきます。

【対処法①】マウスポインタ―(カーソル)を大きくする

1つ目の対処法は、マウスポインタ―を大きくし、視認性を高めます。

手順は以下の通りです。

最初に、左下のWindowsマークをクリックします。
①左下のWindowsマークをクリックします
次に、左側に表示されています「設定」のアイコンをクリックします。
②設定のアイコンをクリックします
Windowsの設定が開きますので、「デバイス」をクリックします。
③「デバイス」をクリックします
左側のメニューに表示されている「マウス」をクリックします。
④左側のメニュー「マウス」をクリックします
右側の関連設定にある「その他のマウスオプション」をクリックします。
⑤右側の関連設定にある「その他のマウスオプション」をクリックします
マウスのプロパティが開きますので、上段「ポインタ―」タブをクリックします。
⑥マウスのプロパティが開きますので、上段「ポインタ―」タブをクリックします
「デザイン」のリストボックスをクリックします。
⑦「デザイン」のリストボックスをクリックします
「Windows標準(特大のフォント)(システム設定)」を選択します。
⑧「Windows標準(特大のフォント)(システム設定)」を選択します
「適用」をクリックします。
⑨「適用」をクリックします
「OK」をクリックします。
⑩「OK」をクリックします
マウスポインタ―が変更されました。
⑪マウスポインタ―が変更されました
マウスポインタ―がデフォルトの設定よりも大きく表示されるようになりました。
⑫マウスポインタ―がデフォルトの設定よりも大きく表示されるようになりました

【対処法②】マウスポインタ―(カーソル)の位置を強調させる

2つ目の対処法は、マウスポインタ―のある場所をCtrlキーを押下することで強調させられるように設定し、場所を特定しやすくします。

手順は以下の通りです。

最初に、左下のWindowsマークをクリックします。
①左下のWindowsマークをクリックします
次に左側に表示されている「設定」のアイコンをクリックします。
②設定のアイコンをクリックします
Windowsの設定が開きますので、「デバイス」をクリックします。
③「デバイス」をクリックします
左側のメニューに表示されている「マウス」をクリックします。
④左側のメニュー「マウス」をクリックします
右側の関連設定にある「その他のマウスオプション」をクリックします。
⑤右側の関連設定にある「その他のマウスオプション」をクリックします
マウスのプロパティが開きますので、上段「ポインタ―オプション」タブをクリックします。
⑥マウスのプロパティが開きますので、上段「ポインタ―オプション」タブをクリックします
「Ctrlキーを押すとポインタ―の位置を表示する」の左側のチェックボックスにチェックを入れます。
⑦「Ctrlキーを押すとポインタ―の位置を表示する」の左側のチェックボックスにチェックを入れます
「適用」をクリックします。
⑧「適用」をクリックします
「OK」をクリックします。
⑨「OK」をクリックします
「Ctrl」キーを押下すると画像のようなイメージでマウスポインタ―が協調されるようになりました。

【対処法③】マウスポインタ―(カーソル)を任意の画像に変更する

実はマウスポインタの画像を自分好みのオリジナルな画像に変更することもできます。
[.cur]または[.ani]という拡張子の画像であれば、自由に変更することが可能です。

尚、[.cur]や[.ani]の画像は別途用意する必要があります。

今回はサンプルとして私が作成しました以下のマウスポインタ―「7色に光るカーソル.ani」を例に手順を説明しています。

7色に光るカーソル

※「7色に光るカーソル.ani」は、以下よりダウンロード可能です。

では変更手順について説明します。

最初に、左下のWindowsマークをクリックします。
①左下のWindowsマークをクリックします
次に左側に表示されている「設定」のアイコンをクリックします。
②設定のアイコンをクリックします
Windowsの設定が開きますので、「デバイス」をクリックします。
③「デバイス」をクリックします
左側のメニューに表示されている「マウス」をクリックします。
④左側のメニュー「マウス」をクリックします
右側の関連設定にある「その他のマウスオプション」をクリックします。
⑤右側の関連設定にある「その他のマウスオプション」をクリックします
マウスのプロパティが開きますので、上段「ポインタ―」タブをクリックします。
⑥マウスのプロパティが開きますので、上段「ポインタ―」タブをクリックします
「デザイン」のリストボックスをクリックします。
⑦「デザイン」のリストボックスをクリックします
(なし)を選択します。
⑧(なし)を選択します。
「カスタマイズ」で「通常の選択」が選ばれている状態で、右下の「参照」ボタンをクリックします。
⑨「カスタマイズ」で「通常の選択」が選ばれている状態で、右下の「参照」ボタンをクリックします。
あらかじめ用意しました「7色に光るカーソル.ani」が保存されているフォルダへ移動します。
⑩あらかじめ用意しました「7色に光るカーソル.ani」が保存されているフォルダへ移動します。
「7色に光るカーソル.ani」を選択し、「開く」ボタンをクリックします。
⑪「7色に光るカーソル.ani」を選択し、「開く」ボタンをクリックします。
「通常の選択」のカーソルが「7色に光るカーソル.ani」の画像に変更されていることを確認したら「適用」ボタンをクリックします。
⑫「通常の選択」のカーソルが「7色に光るカーソル.ani」の画像に変更されていることを確認したら「適用」ボタンをクリックします。
マウスポインタ―の画像が変更されました。
⑬マウスポインタ―の画像が変更されました。
設定内容を保存するため、「名前を付けて保存」をクリックします。
⑭設定内容を保存するため、「名前を付けて保存」をクリックします。
保存する名前を入力します。今回は「rainbow」という名前にします。入力が終わったら「OK」ボタンをクリックします。
⑮保存する名前を入力します。今回は「rainbow」と名前にします。入力が終わったら「OK」ボタンをクリックします。
「rainbow」と名前が変更されていることを確認できました。「OK」ボタンをクリックして設定は完了です。

⑯「rainbow」と名前が変更されていることを確認できました。「OK」ボタンをクリックして設定は完了です。
デスクトップ上でもカーソルが変更されていることを確認できました。
⑰デスクトップ上でもカーソルが変更されていることを確認できました。
マウスポインタ―の画像が変更されました。
⑱マウスポインタ―の画像が変更されました

尚、.curファイルや.aniファイルの画像をご自分で作成されたい場合は、作成手順について以下の記事で説明していますのでご覧ください。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

マウスポインタ―を一時的に見失うということで、大きなハレーションに繋がるようなことはあまり考えられないため、そこまで神経質になる必要はありませんが、パソコンの利用用途によっては上記で説明しました設定を事前に入れておいたほうが良いかも知れません。例えば、パソコンで電話を使っている人の場合、かかってきている電話に即座に出らなかったりする可能性が出てきます。仕事の電話であれば、ビジネスチャンスを逃すことにもなりかねません。また、パソコンでゲームをする場合、マウスポインタ―の動きは常に把握する必要があるかも知れません。

設定手順はとても簡単ですので、ぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事