スポンサーリンク

「自身の端末が想定通りの通信を行わない」
または、「そもそも外部と通信ができなくなっている」
といった、トラブルはよくあることです。

端末に複数のNICがある場合は、
さらに設定が複雑となり、トラブルの機会も増加します。

そんな時、まずは端末のルーティング設定(通信先の経路情報の設定)が
正しく設定されているかどうかを疑いましょう。

では、さっそくルーティング設定の確認方法を見ていきます。
(OSが windows での確認手順となります。)

まずは、コマンドプロンプトを起動します。(windows10の場合で説明)
①windowsボタンを押下した後に、「cmd」とキーボードから打ち込みます。
②ソフト「コマンドプロンプト」が表示されるので選択し、起動します。

コマンドプロンプト起動

 

すると、コマンドプロンプトが開きました
コマンドプロンプト起動

これで準備はできました。

コマンド「route print」を入力し、キーボードの「Enter」を押下します。
すると、下記のようなコマンド結果が得られます。
※インターフェイスやIPv6の情報は省いています。

route print 01

 

では、分かりやすいように、項目に色を付けて1つ1つ確認していきます。

route print 02

 

まず、一番上段の赤文字部分はデフォルトルートになります。
ネットワーク宛先が「0.0.0.0」、ネットマスクが「0.0.0.0」であることからデフォルトルートであることが分かります。
赤文字より下段に設定されている経路以外の宛先は全て、「192.168.1.1」へ向けられるということになります。

route print 03

 

次に黄文字3行分が、ローカルループバックアドレスとなります。
ローカルループバックアドレスとは、パソコンやサーバなど
端末の中で、プログラム同士が通信しあうための経路です。

1行目は、ネットワークアドレス「127.0.0.0」への宛先は端末のNIC「127.0.0.1」から
ルータを通さず直接通信を行う経路が設定されています。

2行目には、端末自身への経路が個別で設定されています。
windows の場合、この設定は自動で行われます。
3行目には、ブロードキャスト通信(同報通信用)の経路が設定されています。

ローカルループバックアドレスは端末内で完結する通信のため
外部通信においては、特に意識する必要はありません。

route print 04

 

次に青文字3行分が、ローカルルートとなります。
ローカルルートは、端末が属しているネットワークアドレスであり
インターフェイスの「192.168.1.10」は端末自身のIPアドレスを指しています。

1行目、はネットワークアドレス「192.168.1.0」への宛先は端末のNIC「192.168.1.10」から
ルータを通さず直接通信を行う経路が設定されています。
端末のNICは端末のIPアドレスと同じことになります。

2行目には、端末自身への経路が個別で設定されています。
windowsの場合、この設定は自動で行われます。
3行目には、ブロードキャスト通信(同報通信用)の経路が設定されています。

赤文字のデフォルトルートのネットワークアドレスと同じであることから
外部(インターネット)通信を行う際には、このネットワークアドレス帯の
「192.168.1.1」を経由することになります。

route print 05

 

次に緑文字3行分が、もう一つのローカルルートとなります。
インターフェイスの「10.1.1.10」は端末自身のIPアドレスを指しています。
つまり、この端末は「192.168.1.10」と「10.1.1.10」の2つのIPアドレスを持っているということになります。

1行目は、ネットワークアドレス「10.1.1.0」への宛先は端末のNIC「10.1.1.10」から
ルータを通さず直接通信を行う経路が設定されています。
端末のNICは端末のIPアドレスと同じことになります。

2行目には、端末自身への経路が個別で設定されています。
windowsの場合、この設定は自動で行われます。
3行目には、ブロードキャスト通信(同報通信用)の経路が設定されています。

このネットワークアドレスでは、このほかに経路は設定されていないため
ここから外部への通信が行われることはありません。

route print 06

 

最後のグレー文字4行分は、ブロードキャストアドレスと
マルチキャストアドレスになります。

マルチキャストアドレスは特定のグループに対して同報通信を行ないます。

この4行に関しては、外部通信において特に意識する必要はありません。

route print 07

 

図で表すと、下記のようなイメージです。

NW構成図

 

今回確認したルーティング情報は正しく設定されていましたが
それでは、インターネットが通じないといったようなときは
どのような設定ミスによって引き起こされるのでしょうか

例えば下記のようなパターンがあります。
デフォルトルートが設定されていません。これでは外部へ通信を行うことができません。

route print 08

 

それ以外ですと、下記のようなパターンもあります。
デフォルトルートのゲートウェイのIPアドレスが正しく設定されていません。
これでは、上記同様外部へ通信を行うことができません。

route print 09

 

このようにルーティング情報を確認することで
外部通信との不具合の原因を特定させたりすることもできます。

手順は非常に簡単なので、ぜひ覚えていただければと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事