スポンサーリンク

構築したサーバと通信できない
VPNで一部の拠点だけが通信できない
社内LANで一部の部署との通信できない
といったトラブルは良くあります。

そこで、まず通信どこまでつながっていて、
どこで途切れているのか
または、どういった経路で通信しようといているのかを
確認し切り分けることで、
トラブルシューティングに繋がります。
この記事では、その確認方法をご紹介いたします。
※windowsやlinuxなど、OSによって確認方法が異なります。
  今回はwindowsでの手順を説明いたします。

まずは、コマンドプロンプトを起動します。(windows10の場合で説明)
①windowsボタンを押下した後に、「cmd」とキーボードから打ち込みます。
②ソフト「コマンドプロンプト」が表示されるので選択し、起動します。

コマンドプロンプト

まずは、コマンドプロンプトが開きました。
コマンドプロンプト準備OK

これで準備はできました。
では、さっそく通信経路を確認していきましょう。

書式 → tracert 通信先のドメインまたはIPアドレス

まず、通信先にIPアドレスを指定したパターンを見ていきます。

通信先に google の DNSサーバのIPアドレス「8.8.8.8」を指定します。
経路情報(IPアドレス)

上記結果を確認すると、通信先までに
7つのルータ経由していることが分かります。
左側の番号で、[1]の行は、
自宅のONUのプライベートIPアドレスです
[2]の行は、NURO光回線のルータになります。
そうです、僕が利用しているインターネット環境
NURO光回線」になります。
[3]~[5]の行は「NURO」の回線の先にある
インターネットサービスプロバイダ
である「so-net」のルータになります。
[6]~[8]の行google の DNS サーバの到達前の
google環境ルータになります。
そして、[9]の行で無事、google の DNSサーバへ到達したことになります。

※表示されたルータのIPアドレスから、どこのルータであるかを
確認する方法は⇩こちらの記事⇩をご参考ください。

次は、通信先にドメインを指定したパターンで見ていきます。

通信先には、この記事のwebサーバnojio.net」を指定します。
通信経路(ドメイン)

上記結果を確認すると、通信先までに
11のルータ経由していることが分かります。
左側の番号で、[1]の行は、自宅のONUのプライベートIPアドレスです
[2]の行は、NURO光回線のルータになります。
[3]~[5]の行は「NURO」の回線の先にある
インターネットサービスプロバイダである「so-net」のルータになります。
[6]~[12]の行は 「さくらインターネット」のルータになります。
そして、[13]の行で無事、この記事の「webサーバ」へ到達したことになります。
因みに、[13]の行では、「xserver.jp」と表示されており、
この記事のwebサーバは「エックスサーバ」を利用していることが分かります。
また、「エックスサーバ」はさくらインターネット
データセンターを利用しているようです。
webサーバ到達前に[6]~[12]の行で、さくらインターネットルータ
通った理由はこれで合点がいきますね

インターネット通信は、どこへ行くにも、いくつものルータを経由します。
そのうちの1つでも不具合があれば、通信に支障をきたします。
(そのため予防策としてほとんどのルータは冗長化が組まれているので、
1つ壊れても通信が完全に遮断されることは少ないですが・・・)

通信の不具合にはルータ以外に、回線端末サーバなど様々な原因がありますが、
そこをまずは切り分けなければ、何もわからないままです。

是非、今回ご紹介しました「tracert」コマンドでの確認方法を覚えていただき
万が一、通信不具合が起きた際には、ある程度自分自身で切り分けが
できる
ようになっていただければと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事