スポンサーリンク

パソコンはとても便利ですが、できることが多いぶん、それぞれの設定どこから行えばよいのか分からなくなることってありませんか?

それぞれの設定をどこから行えばよいのか分からなくなる

例えば、タスクマネージャーを起動する場合は、タスクバーから右クリックで開きます。インターネットブラウザの閲覧履歴を削除する場合は、ブラウザの設定画面から行います。ファイルの拡張子の表示/非表示設定はエクスプローラーのオプション画面にて設定します。その他にも、ユーザー追加であれば「設定」から行いますし、プログラムのアンインストールであれば「コントロールパネル」から実行します。
このように、それぞれの手順は全く異なるため、すべての設定方法を完璧に覚えることは難しく、結果としてその設定手順を検索するのに時間がかかってしまったりします。

そんな悩み解決してくれるのが、すべての設定を項目ごとに一覧で表示させられる「Godmode(ゴッドモード)」になります。
こちらの記事では「Godmode」について徹底解説いたします。

Windows10の「Godmode」とは?

Windows10の「Godmode」とは?

Windows10の隠し機能である「Godmode」とは、[コントロールパネル]や[設定]などから行う操作を、項目ごとに一覧表示させる機能となります。あらゆる設定が一ヶ所に集約されているので、設定項目をすぐに見つけることができ大変便利です。尚、「Godmode」はWindows10から追加された機能ではなく、Windows7の時点ですでに搭載されている機能となります。

「Godmode」の作成方法

①デスクトップ画面を表示します。
②デスクトップ画面上で右クリックします。
③メニューが表示されますので、「新規作成」にカーソルを合わせた後「フォルダ」をクリックします。
④「新しいフォルダー」という名前のフォルダーが作成されます。
⑤フォルダ名を以下に変更します。
GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}
⑥「Godmode」の作成完了です。

「Godmode」の作成手順

「Godmode」の使い方

Godmode」の使い方はいたってシンプルです。

起動

Godmode」を起動するには、作成したデスクトップ上の「Godmode」をダブルクリックします。

「Godmode」を起動

表示/非表示

Godmode」は項目ごとに操作内容が表示されています。
操作内容一覧を非表示にしたい項目がある場合、項目の左側の下矢印マークをクリックします。

操作内容一覧を非表示

もう一度表示させたい場合は、同様に下矢印マークを再度クリックします。

検索

操作内容をキーワードで検索する場合は、右上の検索窓に検索キーワードを入力します。すると、そのキーワードに絞られた検索結果が左側に表示されます。

下の例では、キーワードで「スクリーンセーバー」の検索結果になります。

操作内容をキーワードで検索

閉じる

説明するまでもありませんが、「Godmode」を閉じるときは、右上の×ボタンを押します。

「Godmode」を閉じる

削除

Godmode」が不要になりましたら、「Godmode」のアイコンを右クリックし「削除」を選択すれば、「Godmode」が削除されます。

「Godmode」が削除

尚、削除したあとも当然いつでもまた新たに「Godmode」を作成することができます。

「Godmode」の神なトコ!

ダブルクリックで目的の設定画面へ一発で飛べる

例えば、不要なアプリケーションをアンインストールする場合、本来であれば、[Windows]キー → [設定]アイコン → 「アプリ」をクリックして、ようやく目的の設定画面に辿り着くことができますが、「Godmode」なら項目「プログラムと機能」の操作一覧にある「プログラムのアンインストール」をダブルクリックすることで、1発でアンインストールの操作画面へ飛ぶことができます。

Godmodeを活用できれば、相当な時短に繋がりますね。

あらゆる設定項目が、1つの画面に集約されている

上記で例に出しましたアプリケーションのアンインストールの操作の場合、[Windows]キー → [設定]アイコン → 「アプリ」で目的の設定画面には辿り着きますが、そもそも「設定」アイコンの先に目的の設定画面があることを知らなければ、どこから辿っていけばよいかを調べなければなりません。「Godmode」ではあらゆる設定画面が1つの画面に集約されていますので、どこから辿っていけばよいかわからないというようなことが起きません。

どこにでも作成できる

作成手順では、デスクトップ上に作成する方法をご紹介しましたが、作成する場所はどこでもよいです。例えば、管理の都合上「ドキュメント」フォルダに作成したいというのであれば、「ドキュメント」フォルダ上で「Godmode」を作成してしまえばオッケーです。自分の都合に合わせて作成することができます。

Windowsにどのような機能があるのかを一覧で確認できる

Godmode」では、Windowsに備わっている機能を一覧画面で把握することができます。Windowsにどのような機能が備わっているのか全てを把握している人はなかなかいないと思いますが、ある程度はどのようなことができるかは知っておいたほうがよいでしょう。「Godmode」であれば、Windowsに搭載されている機能にそもそもどのようなものがあるのか、一通りの機能を簡単に把握することができます。

まとめ

Godmode」について説明しましたが、いかがだったでしょうか。
Godmode」って直訳すると「神モード!?」ってことですよね。そう聞くと、何やらパソコンの上級者向けのような近づきがたい印象を持ちますが、個人的にはむしろパソコンの初心者にこそお勧めしたい機能だと思います。大変便利な機能なので、是非活用してみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事