スポンサーリンク

ブラウザのショートカットキーはたくさんの種類があります。そして、ショートカットを駆使することで、相当大きな効率化を図ることができます。大事なのは、すべてを覚えるのではなく、自分にとって利用頻度の高いショートカットキーだけを覚えることです。そして、さらに効率化をUPさせるには、それぞれのショートカットキーを組み合わせて応用させることがとても重要です。
この記事では、最初に代表的なショートカットキーを一覧で紹介し、そのあとに、パターン別でショートカットキーを組み合わせた応用パターンを紹介していきます。

ブラウザのショートカットキー一覧

代表的なブラウザとして、「Google Chrome」、「Firefox」、「Internet Explorer」のショートカットキーのまとめ一覧です。

操作内容 ショートカットキー
chrome firefox internetexplorer
右のタブに移動する Ctrl + Tab
左のタブに移動する Ctrl + Shift + Tab
左から(1~8)番目のタブに移動する Ctrl + 数字キー(1~8)
一番右側のタブに移動する Ctrl + 9
新規タブを開く Ctrl + T
別ウィンドウで新規タブを開く Ctrl + N
直前に閉じたタブを開く Ctrl + Shift + T
シークレットモードでタブを開く Ctrl + Shift + N Ctrl + Shift + P
現在開いているタブを複製する Alt + D + Enter
現在開いているタブを閉じる Ctrl + w
現在開いているタブを全て閉じる Ctrl + Shift + w
ページの一番上に移動する Home
ページの一番下に移動する End
ページをリロード(再読み込み)する F5
キャッシュをクリアしてページをリロード(再読み込み)する Ctrl + F5
ページの読み込みを中止する Esc
お気に入りを開く Ctrl + Shift + B Ctrl + I
現在開いているページをお気に入りに保存する Ctrl + D
現在開いている全てのタブをお気に入りに保存する Ctrl + Shift + D -
閲覧履歴を開く Ctrl + H
ダウンロード履歴を開く Ctrl + J
ブラウザの閲覧履歴を全て削除する Ctrl + Shift + Deltete
ページの内容を拡大する Ctrl + プラス(+)キー
ページの内容を縮小する Ctrl + マイナス(-)キー
拡大や縮小したページを元のサイズに戻す Ctrl + 0
前のページに戻る Alt + 左矢印(←)キー
次のページい進む Alt + 右矢印(→)キー
アドレスバーを開く Ctrl + E
アドレスバーの文字列を全選択する Ctrl + L
ブラウザの直前に開いたウィンドウとの切り替え Alt + Tab
ページ内で次の項目に移動する Tab
ページ内で前の項目に移動する Shift + Tab
ブラウザをディスプレイの左側に寄せる Windowsキー + 左矢印(←)キー
ブラウザをディスプレイの右側に寄せる Windowsキー + 右矢印(→)キー
ブラウザに設定されているホームページに移動する Alt + Home
ブラウザを起動する(ブラウザをタスクバーの1~8番目までに登録している場合) Windowsキー + 数字キー(1~8)

 

応用パターンを紹介

では、上記で紹介しましたブラウザのショートカットキーを組み合わせたいろいろな応用パターンを見ていきましょう。(ブラウザはchromeを使用した場合)

パターン1

開いているページに記載されているキーワードを、新規タブで検索する

<ショートカット操作>
キーワードを選択している状態で
Ctrl + C + T + V (C + T + VはCtrlキーは押したまま) → Enter

パターン2

ブラウザで開いているページのURLをコピーし、テキストに貼り付ける

<ショートカット操作>(ブラウザとテキストが起動している場合)
ブラウザでページを表示している状態で
Ctrl + L + A + C  (L + A + CはCtrlキーは押したまま)→ Alt + Tab → Ctrl + V

パターン3

Excelに記載されたURL1とURL2を、それぞれブラウザで左右に表示させる(Excel上、URL1が記載されているセルの右のセルにURL2が記載されているものとする)

<ショートカット操作>(Excelとブラウザが起動している場合)
ExcelでURL1が記載されたセルを選択している状態で
Ctrl + C → Alt + Tab → Ctrl + T + V (T + VはCtrlキーは押したまま) → Enter → Windowsキー + 左矢印(←)キー → Alt + Tab → Tab → Ctrl + C → Alt + Tab → Ctrl + N + V (N + VはCtrlキーは押したまま) → Windowsキー + 右矢印(→)キー → Enter

パターン4

ブラウザを起動させてシークレットモードで任意のURLへアクセスする

<ショートカット操作>(タスクバーの左から1番目にブラウザが登録されている場合)
Windowsキー + 1 → Ctrl + Shift + N → 任意のURLをアドレスバーに入力 → Enter

パターン5

1つ目から3つ目までのタブで開いているURLをお気に入りに登録する

<ショートカット操作>(1つ目のタブを表示している場合)
Ctrl + D → Enter → Ctrl + Tab → Ctrl + D → Enter → Ctrl + Tab → Ctrl + D → Enter

パターン6

閉じてしまったブラウザに最後に表示されていたページを復活させて、お気に入りに登録後、ブラウザを閉じる

<ショートカット操作>(タスクバーの左から1番目にブラウザが登録されている場合)
Windowsキー + 1 → Ctrl + Shift + T → Ctrl + D → Enter → Ctrl + Shift + W

さいごに

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介させていただいた応用パターンのうち、1つでも覚えていただき実践で利用していただければ、おそらく今までよりも格段に効率的なネットライフを楽しんでいただけるのではないかと思います。また、ブラウザの利用方法は人それぞれで異なりますので、ショートカットキーを自在に組み合わせて新たな応用パターンを独自に考えてみるのも面白いかと思います。最初は、1度覚えてもすぐに「あれ、この時のショートカットキーなんだっけ?」という風に、ぱっと思い出せないこともあると思いますが、利用していくうちに段々体が覚えていき、最終的には無意識で手が勝手に動くレベルになりますので、是非繰り返し実践を積み重ねていただければと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事